ジンバブエ、大統領侮辱のツイートで米国人女性を収監

2017.11.05 Sun posted at 14:14 JST

[PR]

(CNN) ジンバブエの裁判所は4日、同国のムガベ大統領を侮辱する言葉をツイッターに投稿したとして、米国人女性の収監を命じた。

収監されたのは、風刺動画サイトに勤務する25歳の米国人女性。「私たちの指導者はわがままで頭のおかしい男」とツイートし、国家転覆罪に問われた。

ジンバブエで先月、サイバーセキュリティー担当の省が新設されてから、国家転覆罪で起訴された被告は初めて。

女性は法廷への文書で、「根拠のない悪意に満ちた疑いだ」と無実を主張した。

しかし判事は重罪であることを理由に、保釈の可否は最高裁が下すと説明。それまでの期間、身柄を拘置すると言い渡した。女性は無表情のまま聞いていた。

国家転覆罪で有罪となれば、禁錮20年の刑を言い渡される可能性がある。

ムガベ氏はアフリカ諸国の中で最も在任期間の長い政治指導者の1人。ジンバブエを1980年から統治してきたが、国際社会からは長年、汚職や権力乱用で非難を浴びている。

メールマガジン

[PR]