サウジのシリア地上戦表明、イランが「勝ち目なし」と酷評

(CNN) サウジアラビアが過激派組織「イラク・シリア・イスラム国(ISIS)」の掃討作戦として、シリアへ地上軍を派遣する用意があると表明したことに対し、サウジと敵対するイランの司令官は6日、同国に「勝ち目はない」と批判した。

イランの政府系ファルス通信によると、革命防衛隊のジャファリ司令官は首都テヘランでの記者会見でサウジの派兵表明に言及し、「そんなことはできないだろう」と批判。「サウジの持つ古典的な軍隊で非正規の抵抗勢力に勝てる見込みがないことは、歴史が証明している」「サウジにとってとどめの一撃になる。ほかに方法がないようだが、そうだとすれば失敗する運命だ」と主張した。

サウジとイランはそれぞれイスラム教スンニ派、シーア派の盟主を自認し、長年対立してきたが、昨年来のシリア内戦で緊張がさらに高まっている。シリアのアサド政権を支持するイランに対し、サウジは反体制派に資金や武器を提供している。

サウジのアシリ国防相顧問は4日、対ISIS掃討作戦の一環としてシリアへ地上軍を送る用意があると述べていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]