パキスタンの学校襲撃 死者145人に マララさん「胸張り裂ける」

2014.12.17 Wed posted at 09:58 JST

[PR]

イスラマバード(CNN) パキスタン北西部カイバル・パクトゥンクワ州の州都ペシャワルで起きた学校襲撃事件の死者は、17日朝までに少なくとも145人に上った。犯行グループは生徒たちを無差別に銃撃したという。

軍報道官によると、死者のうち132人が生徒で、10人が学校職員、3人は軍兵士だった。負傷者も100人を超えた。州政府高官によれば、生徒たちの大半は12~16歳。28歳の事務職員は、銃撃を受けた後で焼き殺されていた。

反政府武装勢力「パキスタン・タリバーン運動(TTP)」が犯行声明を出した。

現場は軍が運営する学校で、ペシャワル周辺に住む軍関係者の子どもたちを中心に約1100人が在籍している。犯行グループは16日午前10時ごろ、学校の外壁を乗り越えて敷地内に侵入。多数の生徒たちが試験を受けていた講堂に押し入り、さらに教室を回って無差別に発砲した。

グループは侵入に先立ち、学校の裏手で車を爆発させていた。警備員の注意をそらすための作戦だったとみられる。

メールマガジン

[PR]