アフガン世論調査、「進む道正しい」 楽観論が半数超える

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米軍らによるアフガン侵攻を伝える新聞。あれから約10年がたち、アフガンは重要な岐路にさしかかっている

米軍らによるアフガン侵攻を伝える新聞。あれから約10年がたち、アフガンは重要な岐路にさしかかっている

カブール(CNN) アフガニスタンで実施された今年の世論調査で、「国が正しい方向へ向かっている」と答えた人は52%と半数を超え、04年の調査開始以来、最高の数字を記録したことが14日までに分かった。

調査は非営利組織「アジア・ファンデーション」が毎年実施している。今年も全国34州で、アフガン国民約6300人に治安や統治、経済などに対する見方を尋ねた。

昨年の調査で、国の目指す方向が正しいと答えた人は46%だった。見通しが改善した理由としては、治安の向上と復興事業の進展が主に挙げられた。

タリバーン政権の時代より家族の生活が豊かになったと感じている人や、教育が受けやすくなったと答えた人も半数を超えた。政府が進めるタリバーンとの和解交渉には、大半が賛同を示した。

過去1年間に暴力や犯罪の被害に遭った人の数は減少した。男女平等への賛成意見は全体の9割近く、女性が家庭の外で働くことを認めるべきだとの意見は3分の2に上った。

アフガンが直面する問題としては、治安(28%)、失業(27%)、汚職(25%)が上位を占めた。回答者の3分の2は、地方の雇用状況が悪いとの見方を示した。

米軍らによる対アフガン軍事作戦の開始から10年余り。北大西洋条約機構(NATO)主導の国際治安支援部隊(ISAF)がアフガン軍への治安権限移譲を進め、大統領選が14年4月に計画されるなど、同国は重要な岐路にさしかかっている。

「World」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]