米私立小学校銃撃、容疑者は情緒障害で通院 自宅に銃を隠す 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

米学校銃撃、監視カメラの映像を警察が公開

(CNN) 米テネシー州ナッシュビルにあるキリスト教系の私立小学校で6人が死亡した銃撃事件で、地元警察は28日、容疑者(28)は情緒障害で医者にかかっていたと明らかにした。銃器7丁を合法的に購入し、自宅に隠していたという。

オードリー・ヘイル容疑者の両親は警察の調べに対し、容疑者が銃1丁を購入して売却したことは知っていたが、それが全てだと思っていたと証言した。

地元警察は「両親は(ヘイル容疑者が)武器を所有すべきでないと思っていた」としている。

ヘイル容疑者は27日午前、赤いかばんを持って家を出た。両親はかばんの中に何が入っているのか尋ねたものの、はねつけられたという。

27日の襲撃では3丁の銃が使われた。警察報道官によれば、7丁の銃は2020年10月20日~22年6月6日の期間に購入されたもの。

警察は28日、動機は分かっていないと説明。容疑者は学校と教会を狙って襲撃を行ったものの、殺害された6人を特に狙っていたわけではないとの見方を示した。容疑者のメモでは標的の候補として学校近くのショッピングモールも挙げられていた。

ヘイル容疑者は現場となった小学校「コベナント・スクール」の元生徒で、6人を殺害した後、対応に当たった警官に射殺された。

CNNの集計によると、米国の学校や大学で1人以上が負傷する銃撃事件が起きるのは今年に入り19回目。テキサス州ユバルディで昨年5月に21人が死亡して以来、最悪の規模の学校銃撃事件となった。

メールマガジン登録
見過ごしていた世界の動き一目でわかる

世界20億を超える人々にニュースを提供する米CNN。「CNN.co.jpメールマガジン」は、世界各地のCNN記者から届く記事を、日本語で毎日皆様にお届けします*。世界の最新情勢やトレンドを把握しておきたい人に有益なツールです。

*平日のみ、年末年始など一部期間除く。

「米国の銃問題」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]