プライドマーチなどに攻撃予告の男を逮捕、8年半で脅迫状60通 米

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
性的少数者(LGBTQ+)に関連する組織や企業に攻撃予告の脅迫状を送り続けていた男が逮捕された/Dimitrios Kambouris/Getty Images

性的少数者(LGBTQ+)に関連する組織や企業に攻撃予告の脅迫状を送り続けていた男が逮捕された/Dimitrios Kambouris/Getty Images

(CNN) 性的少数者(LGBTQ+)に関連する組織や企業に攻撃予告の脅迫状を送り続けていた男が、6日に逮捕された。

米ニューヨーク・ブルックリン連邦地検の発表によると、ロバート・フェーリング容疑者(74)は2013年6月から今年9月の間に、少なくとも60通の脅迫状を郵便で送り付けた疑い。

今年5月20日付の書簡では、イベント会場に「無線操作の」装置を多数仕掛けると予告していた。標的は6月にニューヨーク市で開催されたLGBTQ+の「プライドマーチ」だったとみられる。

容疑者はこの攻撃により、16年にフロリダ州オーランドのゲイ・ナイトクラブで49人が死亡した銃乱射事件は「たやすいこと」に見えるようになるなどと書いていた。

連邦検察によると、11月18日の家宅捜索で容疑者の自宅から散弾銃2丁と弾丸、星条旗を模したなた、スタンガン2丁などが押収された。

封筒に押されていた「極秘」のスタンプも見つかった。

起訴状によると、容疑者は調べに対し、脅迫状を書いたのは自分だと供述した。6日に初出廷し、電子監視付きで保釈されている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]