警官2人逮捕、取り押さえた容疑者に暴行の疑い 「見下げ果てた行為」 米コロラド州

ボディーカメラの映像には男性を押さえつけるマルティネス容疑者が映っていた/Aurora Police Department

ボディーカメラの映像には男性を押さえつけるマルティネス容疑者が映っていた/Aurora Police Department

(CNN) 米コロラド州オーロラ警察の警官2人が、容疑者を逮捕する際に暴力を振るったなどとして、暴行などの容疑で逮捕された。警察トップは「見下げ果てた行為」と非難している。

逮捕されたのは警察官のジョン・レイモンド・ハウバート容疑者(39)とフランシーン・アン・マルティネス容疑者(40)。今月23日に起きた事件の一部始終を警察のボディーカメラがとらえていた。

ハウバート容疑者は第1級暴行未遂や第2級暴行、脅迫、抑圧、不法行為などの疑いがもたれている。弁護士によると、容疑を否認しているという。

マルティネス容疑者は、介入を怠り、力の行使を報告しなかったとして軽罪に問われている。

裁判所によれば、2人とも現在は保釈されている。

オーロラ警察によると、内部調査が終わるまで、マルティネス容疑者は有給、ハウバート容疑者は無給で休職扱いとなった。

オーロラ警察のバネッサ・ウィルソン署長が27日の記者会見で行った説明によると、逮捕された警官2人は不法侵入の通報を受けて出動し、男性3人が自転車の近くに座っているのを発見。氏名を確認したところ、3人とも逮捕状が出ていることが分かった。

ボディーカメラの映像には、男性3人のうち2人が逃走する様子が映っている。

警官たちは残る1人を取り押さえようとして、男性警官が何度もこの男性を殴りつけた。

男性は警官に銃を突きつけられた状態で、何度も「オレは何もやってない」「息ができない」「殺す気か」と叫んでいた。頭にはこぶができ、血が流れていた。

ボディーカメラの装着は新しい州法で義務付けられている。ウィルソン署長は「カメラが見下げ果てた行為をとらえた」と語った。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]