米フロリダ集合住宅崩落、犠牲者97人の身元判明

崩落した集合住宅の跡地の画像。今月20日に共有された/Jason Pizzo

崩落した集合住宅の跡地の画像。今月20日に共有された/Jason Pizzo

(CNN) 米フロリダ州サーフサイドの集合住宅崩落で、マイアミデード郡は21日、犠牲者97人の身元が判明したと発表した。このうち96人は現場から遺体で発見され、1人は病院で死亡した。

当局者によれば、まだ身元が確認できない犠牲者がもう1人いると思われる。地元警察には97人の行方不明者の届け出が出されていた。

マイアミデード郡のダニエラ・リーバイン・カバ郡長の声明によると、集合住宅の一部が崩落してから1カ月近くたち、現場のがれきはほとんどが除去されて別の場所に移された。

生存者が発見できる望みがなくなった後も、現場では捜索活動が続けられていた。当局者は家族に対し、全員が発見されるまで捜索を続けると約束していた。

マイアミデード警察の広報は先週の時点でCNNに対し、「崩落現場ではほぼ底辺に到達した」と説明、「それで捜索は終わりではない。現場をすべて捜索して遺体が見つからないことを確認するまで終わらない」と話していた。

建物があった場所は現在、数カ所にコンクリートの残骸が散乱した状態になっている。

捜査当局は捜索活動の終了を待って、崩落原因を究明するための本格捜査を開始する。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]