米コロニアル・パイプラインが支払った身代金、2.5億円を回収 司法省

サイバー攻撃で支払った身代金から2.5億円回収

ワシントン(CNN) 米東海岸の主要パイプラインがサイバー攻撃を受けて操業停止に追い込まれた事件で、米司法省は7日、ハッカーに暗号通貨で支払われた身代金のうち、230万ドル(約2億5000万円)相当を回収したと発表した。

CNNはこれより前、連邦捜査局(FBI)主導の回収作戦について報じており、司法省の発表はこの報道を確認する形となった。回収作戦はランサムウェア(身代金ウイルス)攻撃の被害を受けたパイプラインの運営会社、コロニアル・パイプラインの協力を得て実施された。

司法省は今回、「ダークサイド」と呼ばれる犯罪ハッカー集団の複数の個人に支払われたビットコン230万ドル相当を押収。FBIは1年超にわたってダークサイドを捜査していたという。

ランサムウェアを使った犯罪ビジネスが横行する中、深刻なサイバー攻撃の被害に遭った企業の身代金が回収されるケースは珍しい。最近新設された司法省のデジタル恐喝タスクフォースが押収を実施するのは初めてとなる。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]