新型コロナ感染の若年層、多くは軽症だが重症化の報告も 米CDC

米疾病対策センター(CDC)によれば、米国で新型コロナウイルス感染が確認された18歳未満の患者について、軽症が大部分であったものの中には重症化した例もあることがわかった/Wong Maye-E/AP

米疾病対策センター(CDC)によれば、米国で新型コロナウイルス感染が確認された18歳未満の患者について、軽症が大部分であったものの中には重症化した例もあることがわかった/Wong Maye-E/AP

(CNN) 米疾病対策センター(CDC)は6日、米国で新型コロナウイルス感染が確認された18歳未満の患者はほとんどが軽症だが、中には重症化した例もあるとの報告書を出した。

CDCによると、2月12日から今月2日までに米国で報告された感染者は14万9760人。年齢が分かっている14万9082人のうち、18歳未満は2572人で、全体の1.7%にとどまった。

発熱やせき、呼吸困難の症状がみられた感染者は、18~64歳で93%に達していたのに対し、18歳未満では73%だった。

入院の有無が判明しているのは18~64歳が全体の31%、18歳未満は29%。このうち18~64歳の33%、18歳未満の20%が入院していた。

18歳未満で基礎疾患の有無が分かっている345人のうち、80人は慢性の肺疾患や心疾患など、少なくとも1つの疾患があった。

18歳未満で入院と基礎疾患の有無が両方分かっているのは295人。このグループで入院した37人のうち28人と、集中治療室に入った6人は全員に、基礎疾患があった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]