多額を引き出した客の自宅に押し入った疑い、19歳の銀行員逮捕 米メリーランド州

逮捕された信用組合の従業員/Harford County Sheriff's Office

逮捕された信用組合の従業員/Harford County Sheriff's Office

(CNN) 米メリーランド州で、金融機関に勤める男が多額を引き出した顧客の自宅に押し入ったとして、強盗などの容疑で警察に逮捕された。

同州ハーフォード郡保安官事務所の発表によると、被害者の男性(78)は11日午後8時ごろ、自宅を訪ねて来た見知らぬ男に玄関から押し入られ、暴行されたと訴えている。

親類の女性(57)が止めに入ると男は2階へ逃げ、女性は近くの民家から警察に通報した。しかし警察が駆けつけた時には男は現場から逃走していて、警察犬を使った捜索でも発見できなかった。

捜査当局のその後の調べで、被害者の1人が金融機関から多額の現金を引き出していたことが判明。この金融機関の従業員を容疑者として特定し、13日に勤務先で、19歳の従業員を強盗や暴行、不法侵入などの容疑で逮捕した。

被害者は2人ともけがを負い、女性は現場で手当てを受け、男性は病院に運ばれた。命に別条はなさそうだという。

フリーダムフェデラル信用組合は、逮捕された男が同信用組合の従業員だったことを確認し、男を解雇したことを明らかにした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]