トランプ氏、北朝鮮ミサイル発射は気にしないとツイート

トランプ大統領は、最近の北朝鮮による短距離弾道ミサイル発射について、気にしていないとツイッターに投稿した/Photo Illustration: Getty Images/Shutterstock/CNN

トランプ大統領は、最近の北朝鮮による短距離弾道ミサイル発射について、気にしていないとツイッターに投稿した/Photo Illustration: Getty Images/Shutterstock/CNN

東京(CNN) 25日に来日したトランプ米大統領は26日、安倍晋三首相との会談を前に、北朝鮮が最近、短距離弾道ミサイルを発射したことは気にしていないとツイートした。

トランプ氏はツイッターで、北朝鮮のミサイル発射に米当局者らは動揺しているが「私は違う」と強調した。

日本政府は最近のミサイル発射を、国連安全保障理事会決議に違反すると非難してきた。

米ホワイトハウスのボルトン大統領補佐官も25日、トランプ氏の来日に先立つ都内での会見で、政府と同様の見解を示していた。

しかしトランプ氏は、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が「私との約束を守ることを確信している」とツイート。

さらに、2020年大統領選への出馬を表明した野党・民主党のバイデン前副大統領を、北朝鮮メディアが「IQ(知能指数)の低い人物」と呼んだ時には笑みが浮かんだと述べ、「もしかしたら私に何かシグナルを送っているのでは」と書き込んだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]