厳寒の路上うろつく幼児、バスの運転手が車内に保護 米

バスの運転手が走行中、路上をうろつく幼児を見つけて保護する出来事があった

バスの運転手が走行中、路上をうろつく幼児を見つけて保護する出来事があった

(CNN) 米ウィスコンシン州ミルウォーキー市で路線バスの女性運転手が客を乗せて走行中、裸足で路肩の歩道を歩く生後19カ月の幼児を見付け、バスを止めて駆け寄り、抱きかかえて車内に保護する出来事があった。

ミルウォーキー郡のバスの運行組織によると、冷え込みが厳しかった昨年12月22日、幹線道路の陸橋上で起きた救出劇。幼児用の衣服を着ておしめも付けていた女の子の幼児はよちよち歩いたり、走り出したりするなどして交差点へ近付いていたという。

運転手は幼児を確保すると車内の運転席で抱きかかえるなどしていた。おびえてもいた幼児の体は冷え切っており、車内にいた女性の乗客が冬物のコートを脱いでくるませる善意も示していた。

運行組織が公表したビデオ映像には、運転手が幼児の頭の髪をなでながら話し掛ける様子が映っていた。幼児が運転手の腕の中で間もなく眠りこける姿もとらえていた。幼児にけがはなかった。

バス運行組織の声明によると、幼児が歩道をうろついていたのは母親が精神的に不安定な状態に襲われたためと見ている。幼児はその後、父親に引き渡された。

バスの運転手が行方不明などになった子どもを見付けた事例は今回を含め近年で9件目に達したという。

表彰を受けた今回の女性運転手は「子どもが好きだし、以前は教師だった。自分にも子どもがいる。何の罪もない可愛い赤ちゃんを助けることが出来て非常に良かった」と話している。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]