米ガールスカウト、ボーイスカウトを提訴 組織名変更で

ボーイスカウト米国連盟は昨年、女子に対し最高位の「イーグルスカウト」の称号付与を認めた/Tom Pennington/Getty Images

ボーイスカウト米国連盟は昨年、女子に対し最高位の「イーグルスカウト」の称号付与を認めた/Tom Pennington/Getty Images

(CNN) ガールスカウト米国連盟は10日までに、ボーイスカウト米国連盟には「スカウツ」や「スカウティング」の用語を使う権利はないとしてニューヨーク・マンハッタン地区の連邦裁判所に商標権侵害の異議申し立てを起こした。

ボーイスカウト米国連盟は来年から組織名の「ボーイ」を削除し、「スカウツBSA」に変更する方針を発表。既に年長の少女の受け入れも開始した。創設から108年の歴史を持つボーイスカウトは11~17歳の男子を対象に野外活動などを通じた健全な育成を標榜(ひょうぼう)してきた。

ガールスカウト米国連盟はこれらの行為により自らの組織のブランド力や活動が削がれていると主張。一般社会にも混乱を招き、ガールスカウトは存在せず、ボーイスカウトと統合したとの誤解も生み出しているとした。

異議申し立てでは、損害賠償金の支払いと商標権侵害の恒久的な差し止めを求めている。

一方、ボーイスカウト米国連盟はCNNの取材に、異議申し立ての内容を検討していると指摘。声明で「我々は両方の組織が社会で少女や少年に奉仕出来る機会があるものと信じる」と述べた。

ボーイスカウト米国連盟は今年5月に組織名変更を発表。昨年には、女子に対し最高位の「イーグルスカウト」の称号付与を認め、年少の少女を「カブスカウツ」に受け入れることも決めた。

これらの動きは社会情勢をにらんだ進歩的な姿勢や組織運営上の判断の反映と受け止められていた。ボーイスカウトはCNNの取材に、女子の受け入れは女子の家族らからの要請が長年あったためと説明した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]