米国の自殺率、過去約20年で25%増加 CDC調査

2018.06.14 Thu posted at 18:51 JST

[PR]

(CNN) 米国の自殺率が2016年までの約20年間で25%増加していることがわかった。米疾病対策センター(CDC)が調査結果を明らかにした。全米の約半分にあたる25州では30%を超える増加を見せているという。

CDCのアン・シュチャット主席副局長は「研究結果は気がかりなものだ。自殺は米国における死因の上位10位の中に入っている」と指摘。公衆衛生問題としてとらえるべきとの見方を示した。

死因の上位10位に最近入ってきたものは、自殺とアルツハイマー病、薬物の過剰摂取の3つがあるという。

16年だけでも約4万5000人が自殺した。シュチャット氏は「我々のデータによれば、この問題は悪化している」と語る。

CDCの研究者は全米規模のデータベースにある50州とワシントンDCの情報を利用し、1999年から2016年にかけての10歳以上の自殺率について分析を行った。

この期間、全体でみれば、米国では自殺率は25%増加した。デラウェア州の6%増からノースダコタ州の58%増と幅がある。

ネバダ州は唯一、1%の減少と自殺率は下がった。ただ、ネバダ州の自殺者の割合は10万人あたり21~23人と高い水準となっている。

メールマガジン

[PR]

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]