米南西部で猛暑、ハイカーらの死亡相次ぐ 山火事も

カリフォルニア州など各地で猛暑による被害が出ている

カリフォルニア州など各地で猛暑による被害が出ている

(CNN) 米南西部が数日前から猛暑に見舞われ、アリゾナ州ではハイキング中の死者が相次いで報告されている。カリフォルニア州でもロサンゼルス近郊やメキシコ国境付近で大規模な火災が起きている。

アリゾナ州ツーソン周辺では19日、ハイキングに出かけた57歳の男性が死亡しているのが見つかった。さらに、同じグループで行動していた33歳の男性が21日に遺体で発見された。

19日には18歳の女性も猛暑が原因で死亡した。

またツーソンのあるピーマ郡の保安官が20日、記者会見で語ったところによると、市街地でウォーキングをしていた50代の女性が暑さで倒れて死亡した。保安官は住民らに、気温が下がるまで外出を避けるよう強く呼び掛けた。

同州フェニックスの消防当局報道官によると、同市内でも18日に25歳の男性、19日に28歳の女性がそれぞれハイキング中に死亡した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]