米海軍に初の女性大将が誕生、要職の作戦副部長に

ミシェル・ハワード氏(中央)

ミシェル・ハワード氏(中央)

(CNN) 米ホワイトハウスは6日までに、女性のミシェル・ハワード海軍中将が大将に昇進し、要職の1つである作戦副部長に就任すると発表した。236年の歴史を持つ米海軍で女性の大将誕生は初めて。

アフリカ系であるハワード氏は1982年に海軍士官学校を卒業。ホワイトハウスのアーネスト報道官によると、99年にドック型揚陸艦「ラッシュモアー」の指揮官に抜てきされていた。アフリカ系女性としては初の米海軍艦船の艦長だった。

米国防総省は近年、国内世論の動向などを意識し軍内の男女差別行為の根絶を主張し、実戦現場への女性兵士の導入も検討し始めている。

米軍の4軍で女性の大将が誕生したのは、約6年前のアン・ダンウッディ陸軍中将の昇進が初めてだった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]