「バービーのグランピング」がテーマ、メキシコに期間限定スイートルーム

メキシコ市にバービーをテーマにした期間限定のスイートルームが登場/Hilton Hotels & Resorts
写真特集:メキシコ市に「バービー」がテーマの特別ルーム

メキシコ市にバービーをテーマにした期間限定のスイートルームが登場/Hilton Hotels & Resorts

(CNN) 米玩具大手マテルは「バービー」人形の誕生60周年を記念して、メキシコ市のホテルにバービーをテーマにした期間限定のスイートルームを開設した。

バービーの部屋は「ヒルトン・メキシコシティ・サンタフェ」内に5カ月近くかけてつくられた。プールに面したスイートルームで、ぜいたくなキャンプスタイルとして人気の「グランピング」が味わえる。

ホテルのフロントには特別にピンクのカーペットが敷かれ、室内にはバービーのキャンピングカー「ドリームキャンパー」をかたどったベッドや、珍しいバービー人形のコレクションがそろう。

ホテル内のレストランにはハート型のピザやピンク色のケーキやアイスクリームなど、特別メニューが用意されている。

3月7日から12月21日までの期間限定で、宿泊料金は平日が1泊189ドル(約2万1000円)から、週末が同229ドル(約2万5000円)から。

マテルは2014年にもヒルトンと提携し、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスのホテルにバービーをテーマにした部屋を設けた。16年には米ニューヨークのヒルトンに、鉄道模型のアニメ「きかんしゃトーマス」のスイートルームが出現した。

今年はバービー誕生60周年の記念に、テニスの大坂なおみ選手や米女優ヤラ・シャヒディらをモデルにした人形も発売する。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]