世界の旅行先ベスト10 19年版トップはコペンハーゲン

10位は北アフリカ・モロッコの古都メクネス/Fadel Senna/AFP/Getty Images
世界の旅行先ベスト10、1位は?

10位は北アフリカ・モロッコの古都メクネス/Fadel Senna/AFP/Getty Images

(CNN) 旅行ガイドブック「ロンリープラネット」はこのほど、2019年に訪れるべき世界の都市ベスト10を発表した。1位には、現代的なデザインや有名レストランが魅力のデンマーク首都、コペンハーゲンが選ばれた。

ロンリープラネットは14年前から毎年、スタッフや世界の旅行通数百人の意見を基に、国や都市、地域などのベスト10を選んでいる。

19年版の都市のリストには、すでによく知られた街や今まで注目されていなかった街、災害から復興した街などが名を連ねている。

1位のコペンハーゲンでは最近、工業地区を再開発したラフスヘーレウーウン地区にオープンした屋台村「ラフェン」がにぎわっている。

1位にはデンマークの首都コペンハーゲンが選ばれた/@gmlykin/Shutterstock
1位にはデンマークの首都コペンハーゲンが選ばれた/@gmlykin/Shutterstock

世界最古のテーマパークといわれる「チボリ公園」は例年1~3月に休園していたが、今年から2月に営業を始めた。

郊外のごみ処理発電施設の屋上には、人工スキー場やハイキングコースがある。

運河沿いにオープンした複合施設「BLOX」には、移設されたデンマーク建築センターなどが入っている。

コペンハーゲン発の北欧料理の有名店「ノーマ」は移転のため一時閉店していたが、今年再開店した。

この街を拠点に、世界遺産のソルキレ大聖堂やスウェーデン南端のマルメ、ルイジアナ近代美術館などへ足を延ばす旅もおすすめだ。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]