米ヤフー、中国から撤退 「厳しいビジネス環境」理由に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米ヤフーが中国から撤退した/David Paul Morris/Bloomberg/Getty Images

米ヤフーが中国から撤退した/David Paul Morris/Bloomberg/Getty Images

ニューヨーク(CNN Business) 米ヤフーは2日までに、中国へのサービス提供を打ち切った。同国でのビジネス環境と法的環境が厳しさを増しているとの認識に基づき、撤退を決めたとしている。

ヤフーは2013年以降、中国での電子メールやニュースなど、多くのサービスを停止。15年には北京事務所を閉鎖し、約300人を解雇していた。

中国は長年、民間企業にとって障害の多い環境だったが、習近平(シーチンピン)国家主席は数カ月前からハイテク、教育、ゲーム、娯楽業界などに対する締め付けを特に強めている。

米企業では先月、マイクロソフト傘下のビジネス向けSNS、リンクトインも中国の規制強化などを理由に撤退を発表した。

ヤフーはかつて中国のネット通販大手アリババに初期から投資したが、数年後に約半分の株を総額71億ドルでアリババに売却した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]