トランプ氏、ティックトックとオラクルの提携案を大筋承認

トランプ大統領が、ティックトックとオラクルの提携案について承認する考えを明らかにした/Mario Tama/Getty Images

トランプ大統領が、ティックトックとオラクルの提携案について承認する考えを明らかにした/Mario Tama/Getty Images

(CNN) トランプ米大統領は19日、中国発の動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」と米オラクルの提携案を大筋で承認したと記者団に語った。

ティックトックに対しては、米国内でのアプリ提供を禁止する措置が20日に発効する予定だった。米商務省は19日、この措置を1週間延期すると表明した。

トランプ氏は提携案について、「もし実現できるなら素晴らしいが、できなければそれでもいい」と語った。

提携には米ウォルマートも参加すると述べ、「安全性は100%になる」と強調した。ティックトックの新会社がテキサス州に置かれ、米国の教育事業に50億ドル(約5200億円)が拠出される案も含まれていると語った。

事情に詳しい関係者の話によると、提携案ではティックトックの中国親会社、北京字節跳動科技(バイトダンス)が過半数の株を維持する。

トランプ氏は19日の会見で、ティックトックはオラクルとウォルマートが「完全に支配する」だろうと話していた。一方、ティックトックは声明で、新会社の新規株式公開(IPO)前に両社が取得する株式は合わせて最大20%になるとの見通しを確認した。

ティックトックはオラクルとの提携により、米国の安全保障上の要求は完全に満たされると強調。さらに全米で2万5000人を雇用する方針を示した。

オラクルのカッツ最高経営責任者(CEO)は、ティックトックに安全なクラウド環境を提供し、米国をはじめとする世界のユーザーのプライバシーを保証できることに「100%自信を持っている」と述べた。

ウォルマートは電子商取引などの分野で提携を進める。新会社の株式の7.5%を取得し、マクミロンCEOが取締役に就任すると発表した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]