携帯端末での入力速度、フルキーボードの7割に相当

携帯端末での入力速度が速くなり、キーボードでの入力速度が遅くなっているため、入力速度の差は縮まっているという/Shutterstock

携帯端末での入力速度が速くなり、キーボードでの入力速度が遅くなっているため、入力速度の差は縮まっているという/Shutterstock

(CNN) 携帯端末での文字の入力速度がフルキーボードを使った入力速度に近づいており、携帯端末での入力速度はQWERTY配列のキーボードを使った入力速度の約70%に相当する――。フィンランドのアールト大学、英ケンブリッジ大学、スイスのチューリッヒ工科大学がそんな調査結果を発表した。

研究では160カ国からボランティア3万7000人を募って、入力の速度と正確さを計測した。参加者の多くは20代前半の女性。参加者は平均して1日あたり約6時間、携帯端末を利用していた。ボランティアの約半数は米国からの参加だった。

人々がフルキーボードの利用について疎くなると同時に携帯端末の使い方により習熟するなかで、携帯端末での入力とキーボードを使った入力との速度の差である「タイピング・ギャップ」は縮まってきている。

携帯端末の利用が増えていることも入力速度が速くなっていることの説明になりそうだが、自動修正などの機能も入力速度の向上につながっている。

携帯端末で1分間に85文字入力する人もいたが、平均の入力文字数は1分あたり約36文字だった。

携帯端末での入力には両方の親指を使うのが最良の方法と言えそうだ。今回の調査では約74%が両方の親指を使って入力を行っていた。

世代間でも入力速度に違いが出た。携帯端末を使った入力では、10~19歳の1分間の平均文字数は40代を10文字上回っていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]