トランプ氏、対北追加制裁の撤回を指示とツイート 政権混乱

トランプ大統領が「制裁の撤回を指示した」とツイートした/MANDEL NGAN/AFP/Getty Images

トランプ大統領が「制裁の撤回を指示した」とツイートした/MANDEL NGAN/AFP/Getty Images

ワシントン(CNN) トランプ米大統領は22日、北朝鮮に対する「追加制裁の撤回をきょう指示した」とツイッターで述べた。米政権は21日に北朝鮮関連の制裁を発表したばかりで、側近や政権当局者の間では混乱が広がっている。

トランプ氏はまず「米財務省はきょう、現行の対北朝鮮制裁に加え、大規模な追加制裁を発表した」と言及。そのうえで、この制裁の撤回を指示したと主張した。

ツイートを受け政権内では混乱が生じ、側近はトランプ氏がどの制裁に言及していたのか確認する作業に追われた。多くの側近はすぐに、北朝鮮の制裁逃れを支援したとされる中国海運2社への制裁を指していると判断。この新規措置は既存の制裁権限に基づき実施された。

しかし事情に詳しい情報筋2人によると、トランプ氏のツイートは中国海運企業への制裁に関するものではなく、準備中の大規模な対北追加制裁を指していたという。この制裁はまだ発表されておらず、トランプ氏が22日に発表済みだと発言した理由は不明。

情報筋の1人は、トランプ氏が準備中の制裁と財務省による21日発表の制裁を混同したとの見方を示した。後者は22日の報道で取り上げられていた。

政権高官は、現時点では北朝鮮に対する追加制裁を進める予定はなく、中国海運企業に対する措置は維持するとしている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]