伝説の巨大ホホジロザメに遭遇、撮影に成功 ハワイ沖

伝説の巨大ホオジロザメの撮影に成功

(CNN) 米ハワイ沖でこのほど、ダイバーたちが世界最大級と目されるホホジロザメを目撃し、撮影に成功した。ホホジロザメはクジラの死骸を食べているところだった。

ダイバーによれば、このサメは「ディープブルー」と呼ばれる雌で、体長は約6メートル。年齢は50歳超で、5年前にその姿がカメラに捉えられた際には、動画が瞬く間に拡散した。

ダイバーのオーシャン・ラムジー氏はインスタグラムで、ディープブルーは15日にチームのボートに接近してきて、体をこすりつけていったと説明。「妊娠中なのかもしれない。体がかゆいのかも」と推測している。その後2匹のイルカに伴われ泳ぎ去っていった。

ホオジロザメの「ディープブルー」と泳ぐダイバーのオーシャン・ラムジー氏/JUAN OLIPHANT/AFP/Getty Images
ホホジロザメの「ディープブルー」と泳ぐダイバーのオーシャン・ラムジー氏/JUAN OLIPHANT/AFP/Getty Images

サメが現れたのは、ラムジーさんらがイタチザメの食事の様子を観察していた時だった。ダイバーたちは「日が落ちるまで一日中、彼女と過ごした」という。

ラムジーさんが通り過ぎるサメに触る場面もあった。一部のダイバーは触ることをよく思わないとしつつも、「時にはサメの方から接触を求めてくることもある」と述べ、サメは「心を持たないモンスター」ではないと強調した。

ホオジロザメの「ディープブルー」と泳ぐダイバーのオーシャン・ラムジー氏/JUAN OLIPHANT/AFP/Getty Images
ホホジロザメの「ディープブルー」と泳ぐダイバーのオーシャン・ラムジー氏/JUAN OLIPHANT/AFP/Getty Images

ただ、ラムジーさんはその後、サメが予測不能な行動に出る場合もあると警告し、「ホホジロザメやイタチザメのいる水域に故意に飛び込むのは全くおすすめできない」としている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]