大リーグ・ナショナルズで12人がコロナ陽性、試合延期に

米大リーグのワシントン・ナショナルズの選手ら12人に新型コロナの陽性反応が出た/Rich Schultz/Getty Images North America/Getty Images

米大リーグのワシントン・ナショナルズの選手ら12人に新型コロナの陽性反応が出た/Rich Schultz/Getty Images North America/Getty Images

(CNN) 米大リーグのワシントン・ナショナルズで選手やスタッフ12人の新型コロナウイルス陽性が判明し、28日に予定されていたフィラデルフィア・フィリーズとの試合が延期になった。

ナショナルズのマネジャー、デーブ・マルティネス氏のオンライン記者会見によると、選手4人とスタッフ8人が検査で陽性と判定された。

一部は症状を発症しているが、それほど重い症状ではなさそうだとマルティネス氏は話し、「とても心配している。全員が今日、簡易検査を受けた」「明日には追加的な結果が出る。これ以上陽性者が出ないことを望む」とした。チームはホテルに戻ったという。

大リーグはナショナルズ関係者の検査や接触確認のため、フィリーズとのこの日の試合を延期した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]