寒波ならスタジアムをホームレスに開放、英サッカークラブ

クリスタルパレスが、寒波に備えて本拠地のスタジアムをホームレスの人々に開放すると発表した/Catherine Ivill/Getty Images Europe/Getty Images

クリスタルパレスが、寒波に備えて本拠地のスタジアムをホームレスの人々に開放すると発表した/Catherine Ivill/Getty Images Europe/Getty Images

ロンドン(CNN) サッカーのイングランド・プレミアリーグ(1部リーグ)に所属するクリスタルパレスは20日までに、今週に襲来が予想される寒波に備え、本拠地のスタジアムをホームレスの人々に開放すると発表した。

ロンドン南部を本拠にする同クラブは夜間の気温が氷点下との予報が出た場合、「セルハーストパーク」スタジアムのラウンジに最多で10人を迎え入れる予定。

スタジアムが位置するクロイドン行政区当局と協力し、社会福祉活動家が選んだホームレスに折り畳み式ベッド、温かい夕食、朝食や洗濯用施設などを提供する。

今回の試みは17日に初めて実施され、8人が過ごした。同行政区は、ホーム試合が実施されて受け入れが困難な場合、ホームレスの人々に近辺やロンドン中心部の緊急時用の避難施設を紹介するとしている。

同クラブの経営責任者は、クラブを地元の地域社会に有益な行動に携わる戦力にしたかったと説明。最も困っている人々への支援で役目を果たせてうれしいとも述べた。今回の対応はソーシャルメディアで称賛されている。

英国のホームレス支援組織が昨年11月に発表した統計によると、ロンドン内で把握された路上生活者らの人数は昨年7〜9月の期間で3103人で過去最高の水準だった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]