1週間に2回エベレスト登頂 ネパール人女性がギネス認定

ギネスに認定されたチュリムさん

ギネスに認定されたチュリムさん

カトマンズ(CNN) 29歳のネパール人女性が1週間に2度、世界最高峰エベレスト(8848メートル)の登頂に成功したことが、ギネス記録にこのほど認定された。

シェルパ族のチュリムさんは2012年5月12日にエベレストに登頂。その後いったんベースキャンプまで下山し、同19日に再登頂を果たした。登頂から約1年を経ての記録認定となった。

ネパール北東部タプレジュン郡で育ったチュリムさんは、小学5年生のとき、ネパールで初めてエベレスト登頂に成功した女性に感銘を受け、世界最高峰の山々に登る夢を持つようになった。

2010年に首都カトマンズにやってきたチュリムさんはネパール山岳協会が運営する登山の基礎訓練コースを受講。心身を鍛錬し、技術トレーニングを受けた。その後2年間、ロッククライミングなどにも挑戦し腕を磨いた。

チュリムさんの両親はエベレスト登頂の夢を抱く娘を前に、登山にはらむ危険性を心配していた。それでも父は「娘の決心は固く、私たちが止めることは難しかった」と述懐する。

チュリムさんは2012年5月12日に4人の仲間とともに登頂に成功。頂上で過ごした15分間は小さな山々が雲海に浮かぶ姿に感銘をうけたという。その後2日かけてベースキャンプに戻り、さらに2日休息を取った。同17日に仲間1人とともに再び登頂を目指し出発し、19日に登頂に成功した。

ネパール観光省によると、エベレストの登頂に成功した人はこれまでに3842人。219人が女性で、そのうち21人がネパール人だという。

チュリムさんは「ネパール人女性がもっと登山に取り組んでくれたら」と語り、今度は中国側からの登頂にも挑戦したいと意気込みを見せた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]