豪州、外来種のコイに宣戦布告 ウイルス使って壊滅も

2016.05.05 Thu posted at 19:15 JST

(CNN) オーストラリア政府は、淡水で繁殖した外来種のコイを壊滅させるための新たな作戦を打ち出した。コイに感染するヘルペスウイルスの放出も検討しているという。

ジョイス副首相はこのほど行った議会演説で、コイについて「底辺にすみついて泥を吸うムカつく生き物」と形容。コイを駆除するにはヘルペスウイルスを使うしかないと力説した。

同国は正式に、5月1日をコイ(カープ)を壊滅させる「カーパゲドン」の日に制定。1500万オーストラリアドル(約12億円)をかけたコイ壊滅作戦の一環として、2018年にコイヘルペスウイルスを国内の河川などに放出する可能性があると発表した。

オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)では、同国の淡水の生態系を破壊する「最も侵略的な有害生物」にコイを指定している。

コイは1859年にオーストラリアに持ち込まれ、1960年代に養殖用のコイが手違いで放流されて大きな問題になった。メスのコイは年間100万個もの卵を産む。

政府によると、コイはオーストラリアの固有種から餌や資源を奪って浸食を引き起こし、多くの固有の魚類を絶滅の危険に追い込んでいるという。

ジョイス副首相は、コイによる経済損失は年間4億ドルに上ると推計している。

メールマガジン