「ペーパーの代わりに使って」、新聞が空白ページ提供 オーストラリア

スーパーマーケットでは、トイレットペーパーが商品棚から消えた=5日、メルボルン/WILLIAM WEST/AFP/Getty Images

スーパーマーケットでは、トイレットペーパーが商品棚から消えた=5日、メルボルン/WILLIAM WEST/AFP/Getty Images

(CNN) 新型コロナウイルスに対する不安から日用品を買いだめする動きが広がったオーストラリアで、トイレットペーパーとして使ってもらうために白紙のページを8ページ挿入する新聞が現れた。

トイレットペーパー不足にユニークな方法で対抗しようとしているのは北部準州のNTニュース紙。5日の紙面は、透かしと切り取り線のみが入った空白のページが8ページあった。

「ペーパーを使い果たした? NTニュースにお任せを」「非常時に使ってもらえるよう、特別な抜き取り用の8ページを中面に印刷しました。便利な切り取り線付きです」。同氏はそうコメントしている。

NTニュース発行人のマット・ウィリアムズ氏は、ガーディアン・オーストラリアの取材に対し、「版の出来が悪かったわけでは決してない」と強調した。

オーストラリアではトイレットペーパーの買いだめによって棚が空になったスーパーマーケットもあり、クリネックスはパニック買いを控えるよう呼びかけていた。

同国最大のスーパーマーケットチェーン、ウールワースは4日、1回の買い物で購入できるトイレットペーパーの数を制限すると発表した。

最高医療責任者のブレンダン・マーフィー氏も、パニック買いをやめるよう国民に促している。

一方、米国でも新型コロナウイルスの拡散に備えて手指消毒剤やトイレットペーパーなどを買いだめする動きが全土で広がり、店の前には長い行列ができている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]