エレベーターにリードが挟まった犬、男性がとっさの対応で救出

エレベーターにリード挟まった犬を救出

(CNN) 米フロリダ州タンパベイの集合住宅でこのほど、上の階へ向かうエレベーターのドアにリードが挟まって宙づりになった犬を、居合わせた医師の男性がとっさの対応で救出する出来事があった。

医師のモハマド・アワドさんは12月30日、勤務終了後に親の家に寄り、料理を1皿もらってから自宅アパートに戻った。この時、犬を連れた隣人がエレベーターから降りてくる場面に遭遇。「リードがエレベーターの中に残っているのが見えた」という。

アワドさんがフェイスブック上で共有した防犯カメラの映像には、エレベーターが上の階へ動き出すのと同時に、犬が宙づり状態になる様子が映っている。

「スローモーションのような光景だけど、実際は一瞬の出来事だった」「事態をのみ込む間もなく犬は宙に浮かんでいて、私はとっさに行動していた」(アワドさん)

映像内のアワドさんは、手にしていた皿を放り出して犬のもとに駆けつけている。犬は身動きが取れない状態で、その脚は宙に浮いている。

アワドさんはリードを引きちぎろうとしたものの、最初はうまくいかず、一歩下がってから再度救出を試みた。

アワドさんの耳に犬の息苦しそうな鳴き声が聞こえてきて、あと数秒の命かと思われたその時、ついにリードが切れ、犬は床に落ちた。

「動画を見返してみたけど、映っているのが自分だとは思えなかった。でも自然に体が動いたんだ」とアワドさん。ペットの飼い主に対しては、常に周囲を把握しておき、似たような状況になるのを防いでほしいと言い添えた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]