月面に墜落したインド着陸機の残骸、NASA衛星が撮影

衝突した場所の周囲で、機体の破片や月表面の「ちり」の乱れが確認された/Goddard/Arizona State University/NASA

衝突した場所の周囲で、機体の破片や月表面の「ちり」の乱れが確認された/Goddard/Arizona State University/NASA

(CNN) インドが今年打ち上げた無人月面探査機「チャンドラヤーン2号」から分離し、月面への降下中に交信を絶った着陸機「ビクラム」の残骸が、米航空宇宙局(NASA)の月周回衛星から撮影された画像に写っていたことがわかった。

NASAが公開した画像には、ビクラムが月面に衝突した位置や機体の破片、月表面の「ちり」の乱れが色付きの点で示されている。

ビクラムの交信が途絶えたのは9月7日。NASAはその10日後に月面のモザイク画像を一般公開し、墜落の形跡などを探す作業への協力を呼び掛けていた。残骸を発見したとの情報に基づき、前後の画像を比較して確認したという。

破片は衝突の位置から約750メートル離れた区域に散乱していた。

ビクラムが着陸に失敗した後も、チャンドラヤーン2号の周回機は順調に軌道上からデータ送信を続けている。稼働期間は7年に延長された。

インドは2022年までに、初の有人宇宙飛行を成功させるとの目標を掲げている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]