動物園のカバが襲われ死ぬ、全身に打撲や傷 エルサルバドル

グスタビートを調べる獣医=23日

グスタビートを調べる獣医=23日

(CNN) 中米エルサルバドルの国立動物園で、カバが飼育舎の中で何者かに襲われて死ぬ事件があり、警察が捜査に乗り出した。

文化省の発表によると、死んだのは首都サンサルバドルにある動物園で飼育されていた15歳のオスのカバ「グスタビート」。22日未明に襲われ、全身に傷を負っていた。

獣医師がこれまで夜を徹して治療を続けてきたが、手当てのかいなく26日に死んだ。動物園は遺体を解剖して死因を調べる方針。

係員が異変に気付いたのは23日。ほぼ1日中、飼育舎の池の中にいて、餌も食べなくなっていた。

獣医師が診察したところ、頭部や胴体にあざや裂傷が見つかったほか、足や頬にはアイスピックで刺されたと思われる傷跡があった。口の中の傷は、グスタビートが身を守ろうとしてできたと見られる。

飼育舎の中からは、金属片や石などが見つかったという。

グスタビートは12年前にグアテマラから同動物園にやってきて、来園者らに親しまれていた。動物園は今回の事件を受けて、警備を強化した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]