ロケット打ち上げ、2度目の中止 米スペースX

スペースX創業者、火星への夢語る

(CNN) 米民間宇宙開発企業スペースXは、28日に予定していたロケット「ファルコン9」の打ち上げを直前になって中止した。

ロケットは当初、フロリダ州のケープカナベラルから25日に打ち上げられる予定だったが、この時も中止になり、28日に延期されていた。

ロケットは検査のために発射台から撤去された。数日中にも再度の打ち上げを試みる見通し。

スペースXは2012年に民間企業として初めて宇宙船「ドラゴン」を国際宇宙ステーション(ISS)に送り込むことに成功。ISSへは12回の飛行を予定しており、これまでに2度の打ち上げを行っている。

今回の行き先はISSではなく、南アジアとアジア太平洋地域をカバーする重さ約3トンの通信衛星「SES8」を、地球の上空8万キロの軌道に乗せる計画。同社はこの計画について、「スペースXにとって初の静止トランスファー軌道への打ち上げとなり、これまで最も困難なミッションになる」と説明していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]