米ボストンの「細い家」、約1.3億円で売却

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
米ボストン市内で最も幅の狭い家として知られる通称「スキニーハウス(細い家)」が売却された/Elise Amendola/AP

米ボストン市内で最も幅の狭い家として知られる通称「スキニーハウス(細い家)」が売却された/Elise Amendola/AP

(CNN) 米マサチューセッツ州ボストン市内で最も幅の狭い家として知られる通称「スキニーハウス(細い家)」が今月、120万ドル(約1.3億円)あまりで売却された。

物件を扱った不動産会社の幹部によると、室内の幅は1.8メートルあまり。両手を横に広げて立てば、左右の壁に届きそうな狭さだ。

ボストンのイタリア街、ノースエンドに位置する4階建ての家で、面積は108平方メートル前後。市当局には1890年に建築と記録されているが、実際は1862年だったとの説もある。

米国独立の歴史をたどる市内散策コース「フリーダム・トレイル」沿いに建ち、史跡のひとつであるコップスヒル墓地の向かいにあることから、家の前で写真を撮る観光客の姿が絶えない。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]