米ボストンの「細い家」、約1.3億円で売却

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「スキニーハウス(細い家)」の室内の様子/CL Properties

「スキニーハウス(細い家)」の室内の様子/CL Properties

玄関先の説明プレートには、別名「うらみの家」とも書かれている。言い伝えによると、1800年代初めに土地を所有していた一家の兄弟のうち、1人が出征した。戦争から帰って、残った兄弟がここに家を建てたことを知り、うらみを晴らそうと裏口や窓をふさぐようにこの家を建てたという。

不動産会社によれば、先月売りに出すとすぐに購入希望者が続々と現れた。同幹部は「新型コロナウイルス感染拡大の影響で、最近は小さい家より大きい家に住み替えたいという希望が多いのだが」と話す。

今月16日に、ある家族が当初より5万ドル高い価格で購入したという。前回は2017年に90万ドルで売却されていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]