米のNAFTA離脱、30万の雇用減や景気減速も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NAFTAからの離脱で米国での雇用が30万人失われるとの試算も

NAFTAからの離脱で米国での雇用が30万人失われるとの試算も

投資家がよりリスクの少ない債券などの資産へ資金を回すことで、S&P500種株価指数が残留時よりも5%下がる可能性もあるという。

もちろん、影響はカナダとメキシコにも及ぶ。

オックスフォード・エコノミクスの試算によれば、メキシコ・ペソは8%の下落と過去最低の水準に落ち込む可能性がある。カナダ・ドルも2.5%下落するとみられるという。

メキシコやカナダの経済活動は貿易により大きく依存しており、雇用や投資で米国よりも大きな悪影響が出る可能性がある。

「Business」のニュース

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]