中国最大の富豪、1時間で1兆8千億円失う 株価が暴落

香港市場での株価急落が痛手に

香港市場での株価急落が痛手に

同社の株は過去1年の間、625%上昇。最大時の時価総額は450億ドルを超え、中国メディアによる今年3月の長者番付発表で李会長はネット通販最大手アリババの会長を抜き、首位に浮上していた。

ただ、急激な株価上昇は市場操作の疑惑も招いていた。同社が今年初め、売上高の60%は北京に本拠がある親会社によるものとの発表後、懸念がさらに強まっていた。親会社の会長は同じく李氏となっている。

この中でロイター通信は20日、消息筋の情報として香港証券先物委員会が過去数週間、市場操作の疑惑を調べていると報道。英国のフィナンシャル・タイムズ紙も先に、同社の会計処理の手段と異例の株価動向について伝えていた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]