国軍の襲撃で30人超死亡か、NGOメンバー2人も不明 ミャンマー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ミャンマーの民兵組織「カレンニー国民防衛隊(KNDF)」が提供した燃やされた車両の写真/KNDF/AP

ミャンマーの民兵組織「カレンニー国民防衛隊(KNDF)」が提供した燃やされた車両の写真/KNDF/AP

(CNN) ミャンマー東部カヤ州の村が24日、国軍に襲撃され、女性や子どもを含む少なくとも30人が死亡した。

民主派の「統一政府(NUG)」はこれを「クリスマスの虐殺」と呼んで非難。国軍が村の住民や旅行者らを拘束し、住居を破壊したとも指摘した。

NUGは声明で、激化する国軍の戦争犯罪とミャンマー国民に対する人道犯罪を止めるため、国際社会はただちに断固とした行動を取る必要があると強調した。

国営メディアによると、国軍はこれに対し、反対勢力の「テロリストたち」を射殺したと主張。対象は7台の車に乗った武装グループで、国軍の制止に応じなかったとしている。

一方、地元の民兵組織「カレンニー国民防衛隊(KNDF)」はロイター通信に、殺害されたのは同組織のメンバーでなく、紛争から逃れようとしていた民間人だと述べた。

また国際NGO「セーブ・ザ・チルドレン」は、休暇で帰省しようとしていたメンバー2人が襲撃に巻き込まれ、行方不明になっていると発表した。メンバーの乗った自家用車が攻撃を受けて全焼したという。

セーブ・ザ・チルドレンは、国軍が人々を車から降ろして拘束したり、殺害して遺体を焼却したりした結果、少なくとも38人が死亡したとの見方を示した。これを受けて、一部地域での活動を停止したという。

アッシン事務局長は、この襲撃を国際人道法違反として非難するとの声明を出した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]