オバマ前大統領、トルドー首相の支持を表明 カナダ総選挙控え

米国のオバマ前大統領(左)が、カナダのトルドー首相の再選支持を表明/The Obama Foundation

米国のオバマ前大統領(左)が、カナダのトルドー首相の再選支持を表明/The Obama Foundation

(CNN) 米国のバラク・オバマ前大統領は16日、総選挙を控えたカナダのジャスティン・トルドー首相への支持を表明した。21日に行われる総選挙で再びトルドー氏を選ぶようカナダの人々に呼びかけた。

オバマ氏はツイッターに、大統領としてトルドー氏と働いたことを誇りに思うと投稿。トルドー氏について、「勤勉で、気候変動のような大きな問題に取り組む有能な指導者だ」と語った。

オバマ氏は、北の隣人たちがトルドー氏の続投を支持することを希望するとも述べた。

総選挙では、トルドー氏は保守党のアンドリュー・シーア党首と接戦を繰り広げている。トルドー氏に対しては過去に顔を黒く塗る「ブラックフェース」をしたことについて批判の声が出ている。

トルドー氏は9月、学校教師だった2001年に顔を茶色に塗った写真が米誌タイムに掲載されたことを受けて謝罪していた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]