シロナガスクジラ殺した?、シー・シェパード主張も社長は反論 アイスランド

捕鯨場で撮影された巨大なクジラの死骸/Sea Shepherd

捕鯨場で撮影された巨大なクジラの死骸/Sea Shepherd

(CNN) 保護種のシロナガスクジラを違法に殺したとして、反捕鯨団体シ-・シェパードなどがアイスランドの捕鯨会社に対する批判を展開している。一方、捕鯨会社の社長はCNNの取材に、殺したのは別種か雑種だったと反論した。

批判を受けているのは捕鯨会社のクバルル。同社のロフトソン社長は「シロナガスクジラは保護種であり、我々の海域で捕獲したことは一度もない」と説明。シロナガスクジラに近づいた場合は特徴的な外見ではっきり分かるため、近づくことはないとしている。

シー・シェパードは11日、同社がアイスランドの海域でシロナガスクジラを殺したと主張。捕鯨場の監視を担うボランティアが撮影した写真には、オレンジの服装の乗組員が巨大な死骸を検分する様子が写っている。

シロナガスクジラは現存する最大の動物で、保護種に指定されている。国際自然保護連合によると、1978年以降は故意に捕獲されたことはない。

一方、ロフトソン氏は問題のクジラについて、アイスランド法で保護されていないナガスクジラか雑種だと主張。もしシロナガスクジラだったとしても、殺したのは全くの偶然だったとしている。

しかしハワイ大学ヒロ校のアダム・パック教授は、一連の写真からはシロナガスクジラに見えると指摘。背びれや胸びれの形のほか、その体長にも言及した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]