仮出所する小児性犯罪者、化学的去勢が義務に 米アラバマ州

対象者は仮出所の1カ月前から薬物の服用や注射を開始して裁判所が必要ないと判断するまで続ける必要がある/Julie Bennett/Getty Images North America/Getty Images

対象者は仮出所の1カ月前から薬物の服用や注射を開始して裁判所が必要ないと判断するまで続ける必要がある/Julie Bennett/Getty Images North America/Getty Images

(CNN) 米アラバマ州で10日、13歳未満の子どもに対する性犯罪で有罪となった受刑者に対し、薬物療法で男性ホルモンを抑制する「化学的去勢」を義務付ける法律が成立した。

この法案は同州下院の共和党議員が提出。先月末に州上下両院で可決され、アイビー知事が10日に署名した。

対象者は仮出所の1カ月前から薬物の服用または注射を開始し、裁判所が必要ないと判断するまで続ける必要がある。費用は本人が負担する。

薬物を投与されると性的関心が減退し、性行為ができなくなるが、投与を中止すれば元に戻る可能性もある。

アイビー氏は「アラバマの子どもたちを守るための一歩だ」と述べた。

米国内ではすでに複数の州が同様に化学的去勢を法制化している。これに対し、人権侵害だと批判する声も上がっている。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]