韓国が香港船を拿捕、北朝鮮船に石油積み替えの疑い

ライトハウス・ウィンモア号

ライトハウス・ウィンモア号

(CNN) 韓国当局は30日までに、香港船籍の船が国連安保理の制裁決議に違反して、北朝鮮の船舶に石油精製品を移し替えたとして、同船を拿捕(だほ)したことを明らかにした。

韓国外交部によると、拿捕されたライトハウス・ウィンモア号は、石油精製品を積んで韓国の麗水港を出港し、10月19日に公海上で北朝鮮の船舶に移し替えたという。

米財務省が11月に公開した衛星画像には、10月19日に2隻の船が、公海上で違法な船から船への物資の移し替えを行っている様子が写っている。

同省は、2隻のうち1隻は制裁対象の北朝鮮の船舶「レソンガン1」と特定したが、もう1隻の名前は公表しなかった。韓国当局者は29日、この2隻目の船がライトハウス・ウィンモア号だったか否かを確認することができなかった。

韓国によると、ライトハウス・ウィンモア号には中国人23人とミャンマー人2人が乗っており、船と乗員は現在も韓国で拘束され、取り調べを受けているという。

ライトハウス・ウィンモア号は台湾のビリオンズ・バンカー・グループがリースする船で、北朝鮮の船を含む4隻の船に石油精製品を移し替えた時は台湾に向かう途中だったという。

北朝鮮外交部の報道官は、「これは、北朝鮮が違法なネットワークを使って国連安保理の制裁決議を回避する際によく使う手の1つ」と述べた。

中国外務省の華春瑩報道官は29日、中国政府は北朝鮮に対する全ての国連安保理の制裁決議を履行していると強調した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]