永住権獲得できる「高額投資ビザ」、中国富裕層に人気 豪

「高額の投資」を行うと永住権が得られるビザが中国富裕層に人気だという

「高額の投資」を行うと永住権が得られるビザが中国富裕層に人気だという

香港(CNN) オーストラリアに多額な投資をした実業家などが永住権を取得できる「高額投資ビザ」が、中国の富裕層に人気を呼んでいる。

オーストラリア移民国境警備局によると、この制度は2012年11月に制定され、これまでに545人がビザを申請した。うち91%を中国人が占め、「多額の投資」を行ってビザ発給を認められた中国本土の投資家は65人に上る。

同ビザの発給条件は、犯罪歴がないことと、500万オーストラリアドル(約4億5000万円)を同国の国債や企業などに4年以上投資することのみ。語学力は求められず、年齢制限もない。オーストラリア国内での起業も義務付けていない。

ビザを取得しても中国での事業を継続することは可能。この制度の狙いは、オーストラリアへの移住者の多様性を広げることにある。

オーストラリア統計局によれば、同国への移住者の中でアジア出身者が占める割合は、2001年の24%から11年には33%に増えた。

国外で生まれた移住者のうち約6%は中国出身で、英国の20%、ニュージーランドの9.1%に次いで3位に浮上している。このほかインド出身者も急増中だという。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]