伝染病媒介の蚊、中国の島でほぼ全滅 米研究チームが実験に成功

伝染病を媒介する蚊を根絶する実験が中国南部の島で行われた/Luis Robayo/AFP/Getty Images

伝染病を媒介する蚊を根絶する実験が中国南部の島で行われた/Luis Robayo/AFP/Getty Images

香港(CNN) 米ミシガン州立大学の研究チームは、中国南部・広東省の2つの島で行った実験で、デング熱やマラリアなどを媒介する蚊のヒトスジシマカをほぼ全滅させることに成功したと発表した。

この研究は17日の科学誌に発表された。実験の結果、島に生息するヒトスジシマカのメスは最大で94%減り、蚊に刺される人は97%減ったとしている。

研究チームの一員、シー・ジーヨン教授はこの分野の研究のパイオニア。中国南部で蚊の工場を経営し、過去には不妊化したオスの蚊をメスと交配させる実験を行っていた。

今回の研究ではオスとメスの両方の繁殖能力を減退させることで、蚊の個体数をさらに減らすことを試みた。

メスには低レベルの放射線を照射して不妊化させ、オスにはボルバキア菌を感染させて、2016~17年の繁殖期に広東省沖の2つの島に放った。

その結果、この2つの島で、メスの蚊をほぼ根絶させることに成功した。

蚊の生態に詳しい専門家はこの実験について、蚊の生命力の強さを考えると、蚊を減らす実験の中でも特に大きな成功を収めたと評価する。

専門家によると、ヒトスジシマカは殺虫剤を使ったりたまり水をなくしたりといった従来のような対策で退治することが極めて難しい。侵略性が非常に強く、過去40年の間にアジアからほぼ全大陸へ広がった。

伝染病を媒介する蚊は人の健康に対する深刻な脅威と位置付けられ、世界保健機関(WHO)は「世界の中で最悪級の生物」と表現している。人口が密集する広東省の広州では2014年にデング熱が流行し、3万7350人が感染した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]