悪夢の瞬間? 巨大タランチュラが有袋類を捕食 ペルー

巨大タランチュラが有袋類を捕食

(CNN) 真夜中に差しかかったペルーの熱帯雨林。落葉の中から引っかくような音が聞こえ目を向けると、巨大なタランチュラが有袋類オポッサムを引きずっていた――。米ミシガン大の研究チームがこのほど、そんな調査結果をまとめた論文を発表した。

オポッサムはタランチュラに首をつかまれており、発見時にはまだかすかに動いていた。研究チームは約5分間この様子を観察し、動画撮影にも成功。その後タランチュラは獲物を木の根元に運んでいき、落ち着いて食事を楽しんだ。

このタランチュラの大きさはディナープレート程あり、胴体部分だけでも野球の硬球より大きかったという。

研究チームがこの場面に遭遇したのは2016年。論文にまとめ、両生類と爬虫(はちゅう)類の保護に関する査読誌に先月28日付で発表した。

論文では、大型のクモやムカデなどの節足動物が小さなカエルやヘビ、トカゲといった脊椎(せきつい)動物を捕食する例を15件記録している。

論文著者の一人、ミシガン大のダン・ラボスキー教授(生態学・進化生物学)は「普通に観察されることではない」と断言する。

まるでホラー映画、大量のクモの巣が町覆う ギリシャ

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]