堀米雄斗が金メダル、スケボーの初代王者に 東京五輪

スケートボード男子ストリートで金メダルを獲得した堀米雄斗選手/Martin Bernetti/AFP/Getty Images

スケートボード男子ストリートで金メダルを獲得した堀米雄斗選手/Martin Bernetti/AFP/Getty Images

(CNN) 東京五輪は25日、スケートボードの男子ストリートの決勝が行われ、堀米雄斗が37.18点で金メダルに輝いた。五輪初採用のスケートボードの初代王者になった。

銀メダルは36.15点のケウビン・ホフラー(ブラジル)、銅メダルは35.35点のジャガー・イートン(米)だった。大会前に優勝候補とみられていたナイジャ・ヒューストン(米)は26.10点で7位に終わった。

堀米の勝利は日本にとって大会3個目の金メダルとなった。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]