ナイキのバスケシューズ、試合中壊れる 大学のスター選手が負傷退場

試合中に左足のシューズの底が剥がれ、負傷退場を余儀なくされたウィリアムソン選手/Streeter Lecka/Getty Images North America/Getty Images

試合中に左足のシューズの底が剥がれ、負傷退場を余儀なくされたウィリアムソン選手/Streeter Lecka/Getty Images North America/Getty Images

(CNN) 米大学バスケットボールの強豪校同士の試合中、選手の1人の履いていたナイキ製シューズの底が突然剥がれ、当該の選手が負傷退場するアクシデントがこのほどあった。

試合開始からわずか33秒で負傷退場を余儀なくされたザイオン・ウィリアムソン選手(18)は、将来のプロでのスター候補と目される逸材。この日はデューク大のメンバーとして、ライバルのノースカロライナ大との一戦に臨んでいた。

ところが試合開始直後、ドリブルで切れ込みゴール正面でターンしようとしたウィリアムソン選手は、左足のシューズの底が剥がれたために転倒。ひざを痛めてプレーの続行は不可能となった。

ここまで9連勝中だったデューク大だったが、ウィリアムソン選手を欠いたこの試合は88-72で敗れた。

デューク大にシューズやユニホームなどを供給しているナイキは声明を出し、シューズの底が大きく剥がれた原因を調査していると説明したうえで、ウィリアムソン選手が早くけがから回復できるよう願っていると述べた。

当該の試合はウィリアムソン選手が出場するということで注目度が極めて高く、会場には米国のオバマ前大統領や映画監督のスパイク・リー氏の姿もあった。

オバマ氏は試合後、ツイッターで「ウィリアムソン選手の早い回復を祈る」とコメントした。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]