米アカデミー賞 「スポットライト」が作品賞など2冠

「スポットライト 世紀のスクープ」が2冠に輝いた=Open Road Films

「スポットライト 世紀のスクープ」が2冠に輝いた=Open Road Films

(CNN) 米映画界の祭典、第88回アカデミー賞の授賞式が28日、米ハリウッドで開催され、教会の性的虐待スキャンダルを追う新聞記者たちを描いた「スポットライト 世紀のスクープ」が作品賞と脚本賞の2冠に輝いた。アクション映画「マッドマックス 怒りのデス・ロード」は衣装デザインや美術など6部門に選ばれた。

主演男優賞には「レヴェナント:蘇えりし者」のレオナルド・ディカプリオが選ばれた。ディカプリオにとっては初のオスカー受賞となった。レヴェナントで監督を務めたアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥは2年連続となる監督賞を受賞した。

ディカプリオは受賞のスピーチで環境問題にも言及した。ディカプリオは、共演したトム・ハーディやイニャリトゥ監督に謝辞を述べた後、雪のために南米大陸の端まで行かなくてはならなかったとして、気候変動は現実で、差し迫った脅威だと訴えた。

主演女優賞は「ルーム」のブリー・ラーソンが受賞。

長編アニメ部門では、「インサイド・ヘッド」が選ばれ、同部門にノミネートされていたスタジオジブリの「思い出のマーニー」は受賞を逃した。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]