ロシア機撃墜は「悲しい」、謝罪はなし トルコ大統領

2015.11.29 Sun posted at 10:15 JST

[PR]

(CNN) トルコのエルドアン大統領は28日、トルコ軍機によるロシア機撃墜について「本当に悲しい」ことだと述べ、緊張を高める意図はないと改めて語った。ただしロシア側からの謝罪要求には応じなかった。

エルドアン氏はトルコ中部バルケシルでのイベントで、「我々はこのような事態を望んだわけではないが、残念ながら起きてしまった。再発しないことを願っている」と述べた。

同氏はまた、「我が国は主権が侵害されない限り、引き続き国際法に従って対話に努める」と強調。「ロシアとの緊張が高まってさらに悲しい出来事につながることのないよう願っている」と語った。

さらに、パリで開かれる国連気候変動会議はロシアのプーチン大統領と会談する良い機会になるとの見方を示し、「問題を深刻化させて関係を悪化させれば他者を喜ばせることになる。ロシアには、そのような状況を招かないよう呼び掛ける」と述べた。

同氏は26日、CNNとの単独インタビューで、非があるのはトルコ軍ではなく、領空を侵犯したロシア軍だと主張。「謝罪する必要があるとすれば我々のほうではない」と話していた。

一方でプーチン大統領は28日、トルコへの対抗措置を定めた大統領令に署名した。ロシア国営スプートニク通信によると、この中にはトルコとのビザなし渡航を一部停止し、旅行会社にトルコ行きツアーの販売停止を求め、両国間のチャーター飛行を禁止する措置などが含まれている。トルコからの輸入品も一部禁止とする。大統領令は「ロシア連邦の安全を保障し、国民を犯罪行為などから守るための措置」と名付けられた。


CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

CNN.co.jpの最新情報をメールでチェック

世界の今を知る。CNN.co.jpメルマガを無料購読

[PR]

CNN からのご案内


  • 携帯端末サービス

  • CNN.co.jp App for iPhone/iPad

  • CNNテレビ視聴

  • アメリカ国内版CNN/USテレビをそのまま日本で

  • ちょっと手ごわい、でも効果絶大!