北朝鮮は「扉を閉ざしていない」 韓国大統領が楽観的な見通し

韓国の文在寅大統領。北朝鮮は交渉の扉を閉ざしてはいないとの見方を示した/Pool/Getty Images AsiaPac/Getty Images

韓国の文在寅大統領。北朝鮮は交渉の扉を閉ざしてはいないとの見方を示した/Pool/Getty Images AsiaPac/Getty Images

(CNN) 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は14日の記者会見で、停滞が続く米朝間の対話について、北朝鮮側が扉を閉ざしてはいないと語り、今後の展開に楽観的な見方を示した。

文氏は会見で、軍事挑発の恐れが指摘されるなか、トランプ米大統領が最近、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の誕生日を祝うメッセージを送ったのは良い兆候だと指摘。米朝間で活発な対話が進んでいるとはいえないが、両首脳の関係に変わりはないと述べた。

さらに「北朝鮮は対話再開の条件として要求の受け入れを求める一方、対話の扉は閉ざされていないと明言してきた」と強調した。

文氏は以前から米朝間の仲介役を務めていたが、最近は両者の協議が行き詰まり、役割を果たすことが難しくなった。北朝鮮当局者による「韓国外し」の動きが目立ち、南北関係も悪化している。

文氏はこうした問題を認めたうえで、事態を「引き続き楽観視している」と述べた。

Video

Photo

注目ニュース

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]